【活動報告】の記事

音楽鑑賞教室(2/12 南百合丘小学校)

投稿日:2015年3月9日

冬とはいえ、晴れ渡った暖かな日の2月12日、午前11時から川崎市麻生区にある南百合丘小学校で、小学4年生120名を対象にクラシックの音楽鑑賞教室が開催されました。川崎・しんゆり芸術祭(あるてりっかしんゆり)実行委員会主催で、プロのオーケストラ「テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ」の若手メンバーによる木管5重奏です。

IMG_2211まず、会場に入るメンバーがピッコロを先頭に「口笛吹きの犬」の行進曲を吹きながら入場し、司会者からユーモアを交えた挨拶の後、それぞれ自分の担当している楽器の曲を演奏しながら紹介していました。例えばフルートについては、縦笛のリコーダーと同じ種類で、横型のリコーダーですよ、昔は木でできていました、と私にとっては思いもよらない知識を披露され、勉強の一環なのだなと感心しました。オーボエは、ダブルリードで2枚重なっている間に息を吹き込んで音を出す。ホルンは、木管5重奏の中で、唯一金管楽器で、金管楽器は、すべてマウスピースで音を出す。ファゴットは、130センチメートルくらいに長さの楽器の中に、管が約3メートルもあること、親指だけで11個のキーを操作して音を出す。クラリネットは、シングルリードで語源は葦から来ている等、子供たちも興味をもって目を輝かせてお話を聞いていました。

IMG_2240ところで、司会者が、それぞれの楽器の名前を質問したのに対して、コールアングレーを始め生徒がすべて当てたので、びっくり!最後は、木管楽器の魅力(楽しさ)をあじわうため、カルメン組曲、ディズニーメドレーなどを演奏しましたが、全員手拍子をしながら楽しんでいました。1人の子は立ち上がり手を振って指揮もしていました。
最後のアンコールでは、南百合丘小学校の校歌と「アナと雪の女王」を全員で歌い、楽しいひと時を過ごしました。

IMG_2231 IMG_2241

 

 

 

 

 

 

 

何人かの生徒に感想を聞きましたが、楽しかった、よかったと満足げでした。
これをきっかけに、子供たちが生の演奏を聴き、楽器、音楽にますます興味をもってもらえればうれしいです。

(写真提供 ERさん、投稿文 takaさん)