【活動報告】の記事

音楽鑑賞教室(1/23 千代ヶ丘小学校)

投稿日:2015年3月8日

この日(1月29日)はとても寒い日でした。
メンバーと共に9時50分に学校に着き、今日は寒いねと会話をしながら、音楽の先生に体育館に案内して頂きました。体育館は、既に2台の大きなストーブで部屋は暖められていました。
楽員は音楽の先生と2言、3言会話を交わし、演奏の準備に入りました。
音楽の先生がフルートを吹いていた方だったので、色々協力してくださいました。
今日は全校600名ほどが聴くので全員に聞こえやすいよう幾つか工夫してみました。スペースを横に使い、後ろの人の距離を近くし、演奏者の後ろの壁側に反響板の代わりに卓球台を2つ置きました。

no.2演奏会は、いつも通り「口笛吹きと犬」を演奏しながら入場、楽しく楽器解説で演奏会は進んでいき、今回、昨年の12月に相応しいプログラム「くるみ割り人形」をオペラ「カルメン」に変更しました。
「くるみ割り人形」も良く知っている曲なので反応も良かったですが、カルメンも良く知っているようで小さい学年の子ども達が体を動かし乗って聞いてくれました。
今回、どの楽器が一番長く音が伸ばせるかと言う「ロングトーン大会」をやりました演奏者が真剣に真っ赤な顔になるまで伸ばしている姿を見て、子供たちが自分の好きな楽器の応援をしていたのが、印象的でした。

no.1
勝ったのはオーボエでした。そしてなぜオーボエが一番続いたのかと言う理由の説明に子供達は反応していました。

no.6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

no.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンコールに応えての「アナと雪の女王」では上級生が大きな声で歌ってくれました。曲により楽年の反応の違いが分かり収穫のある1日となりました。

(K )