【アート講座】の記事

アート講座vol5 第9回「オペラの魅力~モーツァルトのオペラ~」

投稿日:2014年4月8日

アート講座の第9回は、「オペラの魅力~モーツァルトのオペラ~」(2014/1/25)と題して、新百合21ホールにて音楽評論家、昭和音楽大学小畑恒夫教授、歌唱は藤原歌劇団 ソプラノ歌手高橋薫子さん、ピアノ 瀧田亮子さんをお招きしました。

4481118117b6a5ac438ae28fd3b5bb27
受講生から投稿がありましたので、ご紹介いたします。


「小畑先生の「モーツアルトのオペラ」ついてのお話大変興味深く聞かせていただきました。
特に、オペラ作曲家モーツアルトの意外な一面があり大変楽しませていただくと共に、ソプラノ高橋薫子さんの普段では聞くことのできないオペラ5曲を迫力ある美声で聞けましたことは最高の幸せでした。」

3b52bb2d2044b12727b684bd240cf5e5
前半で、オペラ作曲家モーツァルトの特色について、ダ・ポンテとの三部作、シカネーダとの「魔笛」に焦点をあててそのユニークさについて、ご解説いただきました。

後半は、小畑先生より、5つのオペラ「ドン・ジョバンニ」「魔笛」「フィガロの結婚」などについて紹介があり、藤原歌劇団 ソプラノ歌手 高橋薫子さんが、その中の有名なアリアを熱唱されました。

a506c4e7da8609b160607d2ef154e82e

キャラクターが全く異なる5つの主人公を、幕があがる度に、見事にその役になりきり、熱演された高橋薫子さんはまさに圧巻でした。
 

6394b9c0c6ebb4aba7873d3d173206b8

(写真提供 ERさん)